つむぞうブログ

【バンコク駐在事情】 バンコクは日本人にとって暮らしやすいのか?生活環境編

f:id:tsumuzou:20190629004056j:plain

こんにちは。つむぞうです。

このページをご覧いただいているということは、もしかしてバンコク駐在辞令を受けましたか?w

私が辞令を受けた当時、海外経験があまりなかったので「バンコクってどんなとこなの?大丈夫だろうか?」と落ち着かない日々を過ごしました。同じような境遇の方もたくさんいると思いますので、駐在員としてバンコクで約3年過ごし、私なりに感じてきたことをまとめてみたいと思います。

まずは生活環境編!!

バンコクエリアは駐在初心者でも暮らしやすい!?

先に答えを書きます。「バンコクは日本に比べると細かいことが気になるけど、概ね暮らしやすい環境。」です。

 

日本人向けのサービスが充実

タイ在住の日本人数は7万人越え。下記グラフをみても分かるように、年々増加傾向です。

f:id:tsumuzou:20190629004307j:plain

うち60%の4万人以上がバンコクエリアに集中しており、これに加え2018年は年間160万人の日本人がタイを訪れたとのこと。すごい数ですね。

 

というわけで、特にバンコク中心部では日本人向けの施設・サービスが充実しています。

フジスーパーという日系スーパーで大抵の日本食材は揃います。

紀伊国屋で日本書籍が買えます。

ユニクロでヒートテックも買えます。暑いから要らんけどw

伊勢丹デパートまでありますし、最近はアイコンサイアム内に高島屋も出店されました。

そこら中に日本食レストランがあり、しかもおいしいお店ばかりです。

バンコク中心部には日本のサービスをほぼ不自由なく受けられる環境が整っており、海外初心者にとっても暮らしやすい環境だと言えます。

※ただし日本に比べると価格は高価です。生活コスト編でまとめてみます。

f:id:tsumuzou:20190629004347j:plain

医療機関は結構しっかりしてる

バンコク中心部の主要な病院には、日本人窓口があります。設備もそれなりに整っていて、よほどのことが無い限り心配ご無用。素人意見ですが、日本の片田舎の病院よりよっぽど高度な医療を受けられるのでは?

ただし、医療費は高額です。先日、子供が熱を出したのですが、1回の診察で4,000バーツ(約12,000円)かかりました、、、。会社負担であれば問題ないですが、自腹となるとキツい金額です。

治安は比較的安定

他国と単純比較するのは難しいですが、バンコクの治安は安定していると思います。適度に危機意識をもって、危険なエリアに立ち入らないようにすれば問題ないです。たまに信じられないような事件を目にしますが、それは日本含め同じだと思います。

在住手続きをしていれば大使館から注意喚起メールが配信されますし、その他日本人向けメディアでも危険情報は流れてきますので、目を通すようにしましょう。

 

日常でたまに遭遇するのは、外国人向けのぼったくり商売や詐欺です。最近では「日本円見せておじさん」が有名です。うっかり見せてしまうと最後、知らない間にお札を抜き取られるというマジシャン集団です。怪しいと感じたら下手に抵抗せずにさっさとその場を立ち去るような対処が重要です。

 

それと野良犬。路地裏とかコンビニの前とか、場所によっては犬がウロウロしてます。迂闊に近づかないのがベストですが、やつらは人間慣れしており刺激しなければ問題ないです。今は慣れました。

環境・衛生面

イメージ通り、一年を通して気温は高く蒸し暑いです。f:id:tsumuzou:20190629004456j:plain

5月~10月あたりが雨季となり、ほぼ毎日雨が降ります。1時間ほどドバっと降るパターンが多く、中心部は軽い洪水となり大渋滞が発生します。バイクが半分水没することも、、、。

f:id:tsumuzou:20190629004525j:plain

11月~2月が乾季にあたりますが、この期間の大気汚染は要注意です。

昨年はAQI 150~200(日本だと40以下)とかなりひどい汚染状態で、普段はマスクをしないタイ人ですらこぞってマスクを着用していました。排気ガスや建設ラッシュによる粉塵が原因のようです。

f:id:tsumuzou:20190629004554j:plain

我が家では、子供が小さかったこともあり、空気清浄機を2台購入して対応しました。暑かったり雨だったりで、休日のアウトドア活動が限定されてしまいます。小さな子持ちの場合はなおさらで、どうしても室内遊びがメインになってしまうのが残念ですね。

周辺国へ気軽に旅行に行ける

バンコクとは直接関係はないですがこれは結構うれしいですね。たとえ海外初心者であっても、バンコク暮らしによって海外へのハードルが一気に下がり、気軽に海外旅行に行けるようになるはずです。

タイは東南アジアの中心にあるので、数時間のフライトで海外旅行ができます。フライト時間が短いので小さな子連れでもギリギリ我慢できるレベルかと。日本からの旅行に比べると、移動費も半額以下になりお得感満載です。

私はこれまでインドネシア・ベトナム・シンガポール・マレーシアに旅行に行きました。

まとめ

冒頭にも書きましたが、バンコクは海外初心者にとって暮らしやすい街だと言えます。もちろん日本と比較してしまうと細かい部分が気になりますが、大抵の方は“慣れ”で対応できるレベルかと思います。それ以上に、海外ならではの経験ができることが魅力的なポイントだと感じています。(しかも会社負担でw)

 

というわけで、海外初心者の私でも問題なくバンコクで生き延びています。これからバンコク暮らしを始める皆さんも、過度な心配はせず、楽しいバンコクライフをお過ごしください!

 

つむぞうでした。